ユンヌ プティット ファミーユ 〜ちっちゃなかぞく〜

********チェロ弾きの彼と2歳マルとのベルギー、フランスでの日々を綴ります*********暮らし、食、本、自然、花、rose、芸術…

あんこ。

先日、日本人のお母さんとお子さんのお宅へ、マルと一緒に伺いました。

ブリュッセルには、日本人の方が多く住んでいる地区がありますが、この方のお宅もその地区にあります。

もう一組、親子さんがいらっしゃって、子どもは赤ちゃん含め5人、母3人でひと時を過ごしました。

 

そして招待してくれたお母さんが、あんこを作ってくれていました。

こちらのスーパーでも小豆が売っているんです。

でも手間がかかりそうなので、なかなかあんこを炊こうという気にはならなそうなのに、よく作っているそうです。慣れると大丈夫なのかしら。

 

もうひとりのお母さんが、スーパーでミニパンケーキとミニクレープを買って来てくれて、このあんこを挟んでいただきました。

 

あんこを挟んだミニパンケーキはまるで小さなどら焼きでとってもかわいい。

 

そして帰る際に、あんことミニクレープおすそ分けもいただきました。

今朝はそれを朝食にいただきました。

f:id:magnoliask:20180426221202j:plain

甘さ控えめでとってもおいしいあんこ。

ありがとうございました✨

 

 

Atelier pour les enfants 。

最近ずっとお天気良い日が続いています。

日曜日の今日は、子どものためのアトリエに参加して来ました。

グラン・プラスから程近いかわいい絵本屋さんで行われました。

 

お題は「いろんな素材を使って自分で本を作ること」

自分で糊でペタペタ紙を貼って、集中して楽しんでいました。

f:id:magnoliask:20180422230107j:plain

家でもしてみたいなあ!と思いました。

私にとってアトリエ参加の一番の目的は、マルが子どもと接することなのですが、私自身もいろいろと影響を受けます。

 

春。(街行く人々の服装は夏ですが)

外に出ると美しい花々に目を奪われます。

f:id:magnoliask:20180422230654j:plain

f:id:magnoliask:20180422230725j:plain

このピンクの花は枝にいくつも花が付いています。

f:id:magnoliask:20180422230816j:plain

le concert。

水曜日夜に、彼のコンサートが無事終わりました。

コンサート自体は、コンセルヴァトワールが関連する音楽祭のうちのひとつで、今回初めてコンチェルトでチェロソリストして演奏しました。

 

f:id:magnoliask:20180420223123j:plain

 

練習のみならず、オーケストラをオーガナイズするので、側から見ていても、すごいエネルギーを必要とすることだと感じました。

 

そんなこともあり、コンサートが終わるまで、私も緊張。

 

コンサートには、集まってくれた彼の家族たち、マルと聴きに行きました。

まだ2歳半のマル。50分のコンサートに耐えられるかしら?と思いつつも、始まる前に「お利口さんで入られたらコンサート聴いて、もし無理ならお外行こうね」と言っておいたら、何とかコンサート中もおとなしく聴いてくれました。

 

無事終了、そして、本当に良かった‼︎

 

パリから指揮をするために来てくれた友達、オーケストラの皆さん、音楽祭を運営する方々、そして聴きに来てくださった方がいること、いろんな方の力で、ミュージシャンは支えられているなあ〜とつくづく感じます。感謝。

 

そしてエネルギーを与えてくれるミュージシャンにも感謝です。

 

 

今、大家さん庭の桜が綺麗に咲いています。

f:id:magnoliask:20180420223303j:plain

 

小さなマルシェで。

青空の日曜日。

 

と言ってもコンサート&試験前の彼に日曜日はなく、マルと2人でお外。

 

本屋さん目当てで行った先に、ちらりとお花の屋台が目に入りました。

のぞいて見ると小さなマルシェが。

お花、ソーセージやハム、チーズ、野菜、お魚などひと通り揃っています。

 

その中で一軒、オリエンタルお菓子やナッツを売っているお店がありました。

今朝ちょうど、朝食にナッツ類を食べるといいね、という話を彼としていたので、少しばかり購入。

また、私たちの好きな「ハルヴァ」もあったので、そちらも買いました。

そしておまけにミントを頂きました。

f:id:magnoliask:20180416063052j:plain

こちらが「ハルヴァ」。ゴマの味がしっかりします。

この大きさで3ユーロちょっと。他のお店と比べるとややお得です。

f:id:magnoliask:20180416063531j:plain

ミントはミントティーにして頂きました。

 

今週は彼の公演があり、明日から友達の指揮者がパリから来てくれ、私たちのアパルトマンでお泊まりです。公演は彼のお父さんとお姉さんも聴きに来てくれる予定で、みんなお泊りなので、にぎやかになりそうです。

 

演奏のみならず、いろいろオーガナイズもしている彼。

側から見ていても、やや心配になるくらい、正直大変そう…

ああ、無事の公演を祈るのみです。

f:id:magnoliask:20180416064327j:plain

 

Gratin d’endives と他。

昨日日曜日、ブリュッセルに戻りました。

彼の実家へ出発した日、ブリュッセルの道行く人はコート姿でしたのが、一週間後戻って来ると、人々は半袖に一転。

そして、magnolia /木蓮の花が大きく開いています。

 

ブリュッセルに戻る道中、遠くに、桜色よりも濃いピンク色の花が木に咲いているのが見えました。そしてさらに気になったのが、淡い黄色の花をつけた木。

友達に教わったその木の名前は、saule marsault 、日本語だとバッコウヤナギだそうです。ヤナギだとは!

 

さて、今日は「gratin d’endives/アンディーブのグラタン」を初めて作ってみました。主流のレシピは、アンディーブをハムで巻きますが、彼のお母さんがベーコンをアンディーブの下に敷いていたのでそれを真似ました。

初めてベシャメルソースも作って…出来ました♡

ごはんと一緒に頂きました。

f:id:magnoliask:20180410051029j:plain

 

お昼は、友達がよく作っているサラダを作りました。

何種類かの野菜を細切りにします。

今回のサラダはビーツ、カブ、人参、アンディーブです。

ドレッシングはオリーブオイル、クルミのオイル、りんごのお酢、エシャロット、ニンニク、塩胡椒です。

f:id:magnoliask:20180410051544j:plain

彼のお父さんに頂いた豚肉のリエット、残りのラザーニャと合わせたら、なかなか良い感じ?

f:id:magnoliask:20180410051737j:plain

 

ついでにアップできていなかった写真をこの際アップ。

彼の実家で作ったまたまたりんごのクランブル。

焼く前です。器は彼のお父さん作。

f:id:magnoliask:20180410051942j:plain

そしてニワトリ型のチョコをかじるマル。

f:id:magnoliask:20180410052049j:plain

 

Des créations。

une création/創造、創作活動。

 

彼の実家では、日々アトリエで働くマル。

 

彼のお父さんが嬉しそうにやって来て、「マルからインスピレーションを受けたよ!」と言うので、何事かなとアトリエへ行って見ると…👀

f:id:magnoliask:20180406015706j:plain

彼のお父さんが作りかけている大きな壺に目と鼻が…👀

思わず笑ったものの、これはマルのイタズラでは??

お父さんに尋ねると、「自分では思いつかなかったよ〜 私はとても美しいと思う!」と…

 

どっちもどっちと言いますか。

何だかほのぼのした瞬間でした。

 

でも確かに、

子どもが創造するものは想像力に溢れていて、私自身も驚く事があります。

こちらは小麦粉粘土でマルが作ったモノなのですが。

小さく粘土をちぎって、私に丸めてと頼み、自分でくっつけていきました。

f:id:magnoliask:20180406020604j:plain

子どもから受けとるものも大きいですね。

f:id:magnoliask:20180406020644j:plain

 

あと3ヶ月。

4月になりましたね。

ブリュッセル生活もあと3ヶ月となりました。

残りが短くなると、ブリュッセルを満喫しておきたい!と思うものの、日々は普通に過ぎていきます。

 

先週、マルが初めての胃腸炎のようなものになりました。

彼と、友だちの家で食べた生魚のマリネのせいかなあ、なんて話もしたので、マルはお腹が痛む度に、「à cause du poisson (お魚のせいだ)〜」と言っていました。

今は回復!

 

彼は、試験等に向けて猛練習。

ストレスかな、食も減って痩せちゃいました。

4月、5月、6月、とそれぞれ山があります。

 

さて、彼がじっくり練習するためにも、先週日曜日から彼の実家に1週間の予定で帰っています。

ちょうどブリュッセルの学校は2週間 pâque (復活祭)の休暇です。

(私のフランス語の学校もお休み)

 

日本は桜の季節ですよね。

彼の実家の地方では、小さな水仙のような花/jonquille(ジョンキーユ) がたくさん咲いています。

実家近くの町では、2年に一度、この jonquille のお祭りがあります。

お家の駐車場にとっても小さな jonquille が咲いていました。

f:id:magnoliask:20180405163811j:plain

 

こちらは親戚から頂いたチョコレート。

かわいいひよこちゃん。🐣

pâque の時期になると、卵、うさぎ、ひよこ、にわとりの形をしたチョコレートが店頭に並びます。

食べるのが惜しいです。

そう、私はマルの事をmon poussin (モン プッサン/ ひよこちゃん)と呼んでいます。

彼のお母さんも彼が小さい時に、彼のことを同じように呼んでいたそうです。

f:id:magnoliask:20180405164243j:plain

 

昨夜は彼のお兄ちゃんがピザを作ってくれました。

彼もそうですが、生地から作ります。

いつかカマドを持てたらいいのでは?とひとり考えていました。

f:id:magnoliask:20180405164641j:plain

右端奥にちらっと写っているのがマル。

先日100ユーロ位で小さなヴァイオリンを購入しました。(欲しいと言うので…)

ブリュッセルでは、彼の側で一緒に弾いているのですが、実家に来ると、マルも他にすることが多くてあまり弾いていません…

 

残り3ヶ月のブリュッセル。

ブリュッセルで名残惜しいのは、なんと言っても大家さん!

そして、街で言えば、気に入っているいくつかの本屋さんと子どものかわいいおもちゃやさんです。子ども向けのかわいい本屋さんも、おとなも十分楽しめます。

また機会があればご紹介したいです。

 

ではこの辺で。